地震の予知情報をチェック【気軽に確認ができる】

中々知り得ない知識を

落ち着いて行動する為に

女性

日本は地震の多い国です。
日本で生活していくうえで、地震に対する備えはとても重要ですし、いざ発生した時は迅速で落ち着いたな避難が求められます。
ここで重要になる事は、地震予知に対する情報収集です。
地震予知を知る事で、将来どのような行動を取るべきか冷静に判断する事が出来るからです。
2012年に日本地震学会において、地震予知は地震予測の確度が高くて警報に繋がるレベルのものと定義されました。
従いまして、長期的な予知は予測という言葉で定義されるようになりました。
地震予知には、重要な要素があります。
それは、発生時間、発生場所、規模の3つです。
この要素のどれか1つでも欠けてると、正確な予知が出来なくなります。
また地震予知には、基本的なメカニズムがあります。
それは、本審前の前兆現象です。
具体的には、本震前に発生する地殻変動や小さな振動の事を言います。
この現象を分析する事で、将来の予知を見出しているのです。
そして、この情報が当たったかどうかは、実際の観測データと比較する事で評価することが出来ます。
もちろん、完全な予知を行う事はとても難しいのが現状です。
しかし、各地域において将来起こるかもしれない本審に対する対策を行ううえで、とても参考となる情報である事は間違いありません。
今後、地震予知システムがますます進化していけば、地殻変動に対するより正確な分析が可能となり、これまで以上に具体的な発生日や発生場所を限定する事が出来るようになるでしょう。

検知されたらすべきこと

レディ

地震予知は、近年研究が進んできています。
地震予知は、占いや迷信めいた非科学的なものではなくなり、科学的根拠のあるものとして捉えられてきています。
実際、いくつかの研究機関から、地震を予知するためのメールマガジンや速報サービスが提供されています。
それらの多くは震度5以上のものを対象としたもので、一週間単位での予知となっています。
かなり高い精度を持つものもあり、いざという時に備えるものとしてはかなりの意味があるといえます。
では、実際に大型地震が検知された場合、何をすべきなのでしょうか。
まず行うべきは身の回りの安全を守ることです。
とはいえ、地震予知の速報やメールマガジンは、一週間単位であるため、具体的な日にちや時間まではわからないことが多いです。
そのため、家具の転倒防止策をとる、非常用持ち出し袋をいつでも持ち出せるようにしておく、特に寝室に落下しそうなものを置いておかないなどが基本となります。
また、地震が発生すると、水道や電気、ガスといったライフラインが真っ先にとまってしまいます。
いざという時に、閉じ込められるおそれがあるため、エレベーター使用は避けた方がよいでしょう。
また、日頃から水の買い置きをしておく、充電器や非常用バッテリーを備えておくのも大事です。
夜中の地震に備えて、懐中電灯なども必要でしょう。
予知はまだ研究段階のため、外れることもありますが、その機会に日頃の備えを見直すのがおすすめです。

準備するべきものについて

防災グッズ

日本は地震大国と呼ばれるほど地震の多い国です。
人が気付けないような小さな揺れを含めると年間1000回を超えます。
震度1や震度2であれば気に留める必要性は低いでしょうが、震度6など大きな揺れの場合、避難する必要が出てくることもあります。
震度5弱くらいまでならば不安定なものが棚から落ちる程度の被害で済みますがそれ以上になると、家具が倒れたり家が崩壊する可能性もあるので非常に危険です。
地震を予知することができればよいのですが、現段階の技術では予測することはできても完全に予知することはできません。
そのため事前に大きな地震が発生した場合に備えるべきでしょう。
事前に準備しておく必要があるのは生きていくために不可欠な飲食物です。
特に水は重要で大人一人につき2〜3Lは確保してください。
次に食料ですが、できるだけ保存しやすいものを選びましょう。
常温で保存できるものが望ましく、缶詰やレトルト食品などがおすすめです。
これらは一週間分程度を目安に用意しておくとよいでしょう。
また避難時には瓦礫の上を移動することもあるので動きやすい靴や軍手なども必要です。
怪我をしてしまうと避難が難しくなるので必ず準備し、寝室などに置いておきましょう。
地震を完全に予知することはできないと述べましたが、ある程度の範囲でなら予測は可能です。
大規模な地震の後には余震はもちろん、誘発されて大きな地震が発生することも十分ありえるので注意が欠かせません。
予知だけに頼ることなく、日ごろの備えをしっかりとしておきましょう。

災害に備える

地図

現在の日本で最も恐れられている災害として地震がありますが、現在では最先端の科学技術で高い確率で予知することも可能となっています。それがGPSを用いたもので、地震の場所は勿論、規模までも予測可能とされています。今後はその精度がますます上がることが期待されています。

もっと読む

ビッグデータで震災を知る

男女

地震予知は、一頃よりも進歩しています。また過去の地震を詳しく調べることで、現在の予知に繋げることもできるようになりました。ただ、情報は公開されていないので、地震学会や研究者のHPにアクセスする、防災グッズを事前に用意してことが重要です。

もっと読む

災害が起こる前兆

大人と子供

現在の地震予知は、はっきりした時期までは特定できません。しかし、動物や自然現象を詳しく観察することで、直近の地震予知に繋げることは可能です。今はまだデータ不足ですが、動物の異常行動や地震雲などは、かなり信憑性が高いとされています。

もっと読む