地震の予知情報をチェック【気軽に確認ができる】

災害が起こる前兆

動物が起こす異常行動

大人と子供

動物は、人間以上に物事に敏感です。
地震が起こる前に、飼っている犬や猫が興奮状態にあったという話はよく聞きます。
また、それ以外にも野生動物が普段とは違った行動を起こすことがあります。
昔から雉が騒ぐと地震が起こると言われてきましたが、野鳥などは、地殻から発生する電磁波を察知する能力に長けているとされています。
そんな野生生物が起こす行動は、地震予知に利用できるとの意見もあります。
更に、海の生物も異常行動をみせる場合があります。
漁師の言い伝えとして、するめが大量に獲れた時は地震に気を付けろと言われてきました。
更に、水面に上がって来ることのない深海魚が網にかかった時も要注意と言われています。
そして、もう一つ、自然現象についても、地震予知につながる兆候もあります。
大きな震災が起こる前には、地震雲が現れるといいます。
地震が起こる際に地殻から発せられる電磁波が、雲の異常につながるとされています。
現に阪神大震災が起こる前にも、上空へと細長くうねる竜巻状の雲が観察されています。
直近の地震予知は不可能と言われる中で、生物や自然現象が前兆として有力な情報となることがあります。
これらの兆候は、有力な地震予知につながると言われていますが、現在はまだデータが揃っていません。
信憑性のある予知とされるには、まだ時間がかかることでしょう。
しかし、時期がはっきりしない地震予知よりも、大きな力となる日も、いずれはやって来ることでしょう。

三つの要素からなる予測

波線

最近の科学技術の発展により、地震はある程度まで正確にその発生を事前に予知できるようになっています。
地震の予知には大きく分けて三つの要素から成り立っています。
近い将来地震が起こる可能性が高い地域、訪れる地震の大きさ、そしていつ地震が起こるのかということです。
これらの三つの要素は地震の予知を行なう上で非常に重要な意味を持っています、これらの要素をできるだけ正確に予知できるようにするために、幅広い事象を考慮して予知を行なっています。
地震の予知として一般的に行なわれる方法の一つに、地形の調査があります。
震災が発生する前に、土地の形状が微妙に変化することはよく起こることだからです。
平らな土地に微妙な歪みが生じ傾斜ができるような場合には、震災が発生する可能性があると言われています。
またもともと傾斜のあった土地の、傾斜の方向が変化するような場合も震災の兆候の一つと言われています。
これらの変化は非常に微妙なもので、見た目にはほとんどわからないことから、傾斜の測量などをして正確に調べられています。
地質の変化を調べるための方法の一つとして、地下を流れている水の状態の変化を検査する方法もあります。
地震が起こる前には井戸水として利用されている水の水位が変化したり、水がにごったりする場合があるとされています。
また水の温度が変化する場合もあります。
これらの事象の全てが必ずしも地震の発生と関連しているわけではないのですが、判断する材料の一つとしてより正確な地震の予知がされています。

会員サイトの信頼性

婦人

地震大国日本だからこそ多くの人は、地震が予知出来たらいいのになぁと感じているはずです。
実際に、地震を予知するサイトや情報機関はたくさんあります。
ただ地震を予知することは、非常に難しいのが現状です。
気象庁なども情報を発信していて、この情報は誰でも見ることが出来ます。
このほかにも、自信に関する情報を書き込めるサイトなどもあります。
ただ、こうした無料で閲覧できる情報には限りがあり、情報の発信源も含めて信憑性に疑問が残ることが多いです。
一方、予知を行う機関の一つに、地震予知を専門に扱う会員サイトなどがあります。
こうした会員サイトでは、会員に定期的に情報を配信しているのに加えて、地震発生の大きな兆候などが見られた場合には、緊急配信などにより情報を配信しています。
こうした情報配信型のサイトの多くは、有料で会員にならなければならないので、月々費用を支払う必要があります。
月数百円程度の会費を設定しているサイトが多いです。
サイトによって情報源は異なりますが、専門家が電磁波などのデータを解析することによって予測が行われます。
もちろんそれぞれのサイトで情報源が異なったり、解析方法が違ったりするため、予知結果はサイトごとに異なります。
どれくらい当たるかは、予知があまりにもずれているサイトの会員は当然減少していくので、サイトの運営期間もある程度は参考になります。
ただ予知といっても日付や時間までを完全に計算することは、現状では不可能です。
誤差が数日あるいは数週間あったとしても、予知出来たと判断されているのです。
もちろん数週間後以内に地震が来るかもと分かれば、それに備えてある程度の準備はできるので、こうした情報でも役に立つことは間違いありません。

災害に備える

地図

現在の日本で最も恐れられている災害として地震がありますが、現在では最先端の科学技術で高い確率で予知することも可能となっています。それがGPSを用いたもので、地震の場所は勿論、規模までも予測可能とされています。今後はその精度がますます上がることが期待されています。

もっと読む

ビッグデータで震災を知る

男女

地震予知は、一頃よりも進歩しています。また過去の地震を詳しく調べることで、現在の予知に繋げることもできるようになりました。ただ、情報は公開されていないので、地震学会や研究者のHPにアクセスする、防災グッズを事前に用意してことが重要です。

もっと読む

災害が起こる前兆

大人と子供

現在の地震予知は、はっきりした時期までは特定できません。しかし、動物や自然現象を詳しく観察することで、直近の地震予知に繋げることは可能です。今はまだデータ不足ですが、動物の異常行動や地震雲などは、かなり信憑性が高いとされています。

もっと読む