地震の予知情報をチェック【気軽に確認ができる】

災害に備える

最先端の技術で予測する

地図

2011年3月11日の東日本大震災以降、日本で最も恐れられている災害は地震なのではないでしょうか。
実際、壊滅的な被害をもたらすこの災害は、昔から避けるべきものとして様々な方法で予知が行われてきました。
しかしながら、過去の地震の予知は非科学的であり、存在するかどうかもわからない地震雲が出たら起きるとか、ナマズが異常な動きをしたら起こるとかおよそ予知とは言えない迷信のようなものが出回っていました。
しかしながら、現在ではより科学的技術を用いた地震の予知が行われています。
 現在の代表的な地震の予知の方法としてGPSを用いたものがあります。
これは日本全国1300カ所程の場所に専用にGPSを設置して、そのGPSが隆起に伴って位置が上昇したか、或いは沈下して下降したかを見、そのデータによって次の地震発生場所や規模を予知するというものです。
現在のところ、この方法を用いれば100%ではないにしろ、これまでのどの方法よりも高い確率で予測することが可能となりました。
そして、このデータによれば、南関東で大規模な地震が起こる確率が高く、首都圏でもあるため警戒を呼び掛けられています。
 日本は火山国であり、環太平洋造山帯上にある以上、どこにいても地震の被害を受ける可能性があります。
しかし、ある程度の予知ができれば備えもできる他、回避することも可能となります。
また、こうした技術は日進月歩で進んでいるので、今後はより精度の高い予知も期待できるのではないでしょうか。

災害備蓄品と安全対策

メンズ

日本列島は複数のプレートが複雑に重なり合う地点に位置するため地下では絶えず地殻変動が起きており、過去にも一定周期で大地震に襲われてきました。
高度に発達した現在の生活システムもこうした大地震によって破壊される恐れがありますので、自身や家族の身を守るためにも日頃からの備えが大切です。
そうは言ってもいつ発生するかわからない大地震に対して常に万全の備えをするのは困難で、多くの家庭では災害備蓄品や安全対策などが十分でない現状も見られます。
現在では電磁波を測定して地殻変動に起因するノイズを捉える技術や、全国の電子基準点データを解析した地殻変動観測の技術など、地震予知の研究が進められています。
そうした研究の成果を契約会員に提供する地震予知サービスは、数日または数週間以内の大地震発生が予測される場合にその情報を配信する仕組みです。
ある程度の購入費用を要する災害備蓄品や安全対策グッズなども、このような予知情報を得ていれば準備しやすくなります。
大地震が発生すれば電気・ガス・水道といったライフラインが途絶える事態も予想されるため、非常食と1日1人当たり3リットルの飲料水を最低3日分は確保しておくことが必要です。
バスタブや水洗トイレのタンクなどを利用した生活用水の備蓄に加え、救急箱や使い捨てカイロ、カセットコンロなどの災害備品も欠かせません。
さらに、乾電池や懐中電灯、ラジオ等も準備しておくとよいでしょう。
家具転倒防止グッズの設置やガラス飛散フィルム貼り付けの他、就寝時に懐中電灯と運動靴を備えておくような安全対策や消火器の準備も非常時には有効です。
大地震に対して万全に備えれば備えるほど日常生活や仕事にも影響が及んでしまうため、長期間にわたって隙のない災害対策を常時整え続けるのも容易ではありません。
近日中に大地震が発生する可能性が高いという情報を地震予知サービスで入手していれば、短期的であっても十分な対策を実行できるものです。

情報サイトを参考にしよう

割れたアスファルト

地震といった災害に備えておくことは、とても大切です。
東日本大震災以降、防災グッズなどを常備している方もいるでしょう。
地震情報を得るとき、多くの方はテレビやラジオ、最近はネットやSNSを利用して得る方も多いと思います。
しかし、これらは地震発生後に配信されるものなので、防災という観点ではあまり実用的ではありません。
そのため、普段から防災に努めたいと考えている方は、地震情報発信サイトを見るのがおすすめです。
実はネット上に地震情報を発信し、地震そのものを予知しているサイトはいくつもあります。
しかし、数が多いとそれだけ信憑性が疑わしいサイトも存在するかもしれません。
良質な情報サイトを見つけるためには、そのサイトの運営元が信頼できるかが大切になります。
たとえば、政府が運営しているサイトや研究者が発表しているサイトは信頼できると言えるでしょう。
また更新頻度が高いサイトであれば、地震情報を細かく収集しているため、それだけ予知能力も優れていると考えられます。
また、ただ地震発生の予想をしているだけでは、防災としての効果は薄いでしょう。
事前予知があれば、地震発生時にすぐ行動できるよう防災グッズを整理しておく必要があるのです。
地震予知を行っているサイトのなかには、必要な防災グッズをリスト化しているところもあります。
おすすめの食料品やいざという時に必要なグッズなどを紹介してくれるので、ここから積極的に情報収集するようにしましょう。

災害に備える

地図

現在の日本で最も恐れられている災害として地震がありますが、現在では最先端の科学技術で高い確率で予知することも可能となっています。それがGPSを用いたもので、地震の場所は勿論、規模までも予測可能とされています。今後はその精度がますます上がることが期待されています。

もっと読む

ビッグデータで震災を知る

男女

地震予知は、一頃よりも進歩しています。また過去の地震を詳しく調べることで、現在の予知に繋げることもできるようになりました。ただ、情報は公開されていないので、地震学会や研究者のHPにアクセスする、防災グッズを事前に用意してことが重要です。

もっと読む

災害が起こる前兆

大人と子供

現在の地震予知は、はっきりした時期までは特定できません。しかし、動物や自然現象を詳しく観察することで、直近の地震予知に繋げることは可能です。今はまだデータ不足ですが、動物の異常行動や地震雲などは、かなり信憑性が高いとされています。

もっと読む