地震の予知情報をチェック【気軽に確認ができる】

ビッグデータで震災を知る

どこに危険があるか

男女

地震の予知は、以前に比べて大幅に進化しています。
しかし、次の地震が何時起こるかという予知は未だにできません。
話題になっている首都直下型地震についても、30年以内という曖昧なことが言われています。
一番気になる何時起こるのかという予知の情報が欠落しているのです。
しかし、その時期に関する予知を、かなり煮詰めることができる情報も出てきました。
地震の世界にもビッグデータは有効とされています。
先だっての九州で起こった地震についても、南海トラフ地震の前兆とする分析があります。
過去に起きた震災を詳しく調べることで、その前後数十年の地震の発生状況が分かります。
そのデータを現在の状況と照らし合わせることで、将来的な震災の発生時期を掴めると言われています。
ただ、過去と現在とが、全く同じ条件とは言えず、十数年の誤差は生じるとされています。
しかし、数十年の時間的が距離に比べれば、その絞り込みは、かなり限定的なものになります。
過去のデータとの照らし合わせを疑問視する声もありますが、これまでの地震予知に比べれば、信憑性が高いデータと言えます。
ただ、このデータが一般に公開されることは少なく、学術研究の域を出ていない現状もあります。
詳しいデータを基にした研究の情報を手に入れるには、地震学会のホームページなどに頻繁にアクセスすることです。
また、情報を精査することも大事ですが、万が一に備えて防災グッズを揃えておくようにしましょう。
いまは様々な防災グッズがあるので、家族の人数などに応じて用意しておくことが大切です。
水や食料、またネットが通じなくなったときに備えてラジオなど、細かい部分まで考えて用意しておくといいでしょう。

プレート内の電気

タブレット端末

地震は、台風や火山の噴火など数ある自然災害の中でも、特に恐れられています。
発生を人間の力で食い止めることはできませんし、さらに津波や火災といった様々な二次被害を引き起こすからです。
地震の揺れのみで命を失う人も多くいますが、二次被害によりその数が数倍に膨れ上がることもあるのです。
しかし現在の技術では、この地震をある程度予知することが可能となっています。
具体的には、プレート内の電気を測定することで予知するのです。
この電気は、プレートが歪み、中に含まれている石英が圧迫されることで発生します。
そして地震は、プレートの歪みが大きくなるほど、発生率が高くなります。
つまり圧迫による電気を測定し、それが多くなっていれば、地震が発生しやすくなっているということです。
これが地震予知のメカニズムですが、その内容はインターネット上で公表されています。
測定するたびに更新されているので、インターネット環境があればいつでも予知を確認できます。
また配信サービスもあり、それに申し込むと、新しい予知情報が出た時に、メールで知らせてもらえるようになります。
つまり、リアルタイムで予知を確認できるようになるということです。
地震そのものの発生を防ぐことはできませんが、予知があれば発生前に避難することは可能となります。
これにより地震はもちろん津波や火災からも、命を守ることができるようになるのです。
そのため予知サービスは、自身や家族、大切な人々を守るために、積極的に利用されています。

命を守るためのアプリ

グラフ

関東地方や東海地方に大地震が来ると噂されて数十年経ちますが、未だに大地震は起こっていません。
一方、東北や九州といった、想定外の地域が大地震に見舞われています。
地震は、ある日突然起こります。
科学技術の発達した現在でも完全に予知することは難しいといわれていますが、実際に揺れが起こる数十秒前には、地震発生を知ることができるようになりました。
たった数十秒でも、できることはたくさんあります。
例えば、ガスの元栓を締めたり、大型家電やガラス窓のある危険な場所から離れるなど、最低限身を守る術は取れるのです。
数十秒が生死を分けることもあるので、地震の予知は非常に重要であるといえます。
自宅に地震発生を通知するアラームを取り付ける事もできますが、便利なのはアプリです。
最近は個人でも地震のメカニズムを研究し、発生を予知するアプリを製作している人もいます。
有料版もありますが、中には無料で利用できるアプリもあるので、事前にダウンロードしておきましょう。
アプリをスマートフォンなどのタブレットに入れておけば常に携帯できるので、安心して生活できます。
また、例え地震発生を予知しても、慌てて数十秒を無駄にしてしまっては意味が無いので、通知が来たら取るべき行動も決めておきましょう。
自宅や職場に防災グッズを備えておいたり、とっさに身を守る方法を考えておくなど、普段からいつ地震が発生しても良いように心構えを持っておくことも大切です。

災害に備える

地図

現在の日本で最も恐れられている災害として地震がありますが、現在では最先端の科学技術で高い確率で予知することも可能となっています。それがGPSを用いたもので、地震の場所は勿論、規模までも予測可能とされています。今後はその精度がますます上がることが期待されています。

もっと読む

ビッグデータで震災を知る

男女

地震予知は、一頃よりも進歩しています。また過去の地震を詳しく調べることで、現在の予知に繋げることもできるようになりました。ただ、情報は公開されていないので、地震学会や研究者のHPにアクセスする、防災グッズを事前に用意してことが重要です。

もっと読む

災害が起こる前兆

大人と子供

現在の地震予知は、はっきりした時期までは特定できません。しかし、動物や自然現象を詳しく観察することで、直近の地震予知に繋げることは可能です。今はまだデータ不足ですが、動物の異常行動や地震雲などは、かなり信憑性が高いとされています。

もっと読む